キャットフードを変える

食物アレルギーに自分の猫がなってしまった場合、まず取り組まなければならないのがアレルギーの再発・悪化を防ぐためにキャットフードを今までのものから替えることです。今日では様々な種類のキャットフードが出てきており、その中には猫のアレルギーに考慮したものも沢山存在しています。例えば、グレインフリーと書かれているキャットフードは穀物を一切使用していません。なので、穀物でアレルギー反応を起こしてしまう猫ちゃんにはぴったりのキャットフードになっています。

他にも病気の猫のための療養食キャットフード、家畜肉アレルギー、グルテンアレルギーなどのアレルギーに対応したキャットフードもあります。但し、アレルギーの原因と考えられている成分を排除したキャットフードはあまり美味しいものではないものも多く、猫が食べてくれないという場合もあります。

ただ、最近ではそういった問題も解決してくれるような添加物が一切入っていなくてもとても美味しいキャットフードも多く販売されています。どうしてもなかなかキャットフードを食べてくれないという場合にはかかりつけの獣医さんとも相談しましょう。獣医さんと共に色々模索していけば必ず猫の眼鏡にかなうキャットフードに出会えるはずです。

病院で検査を受ける

病院に行って、猫が食物アレルギーを起こしているかもしれないと訴えたら、本当にアレルギーがあるのかどうかを食事による判断で検査することになります。どのような食事かというと普段摂取しないような成分が含まれている低刺激食または除去食といったものです。一般的なキャットフードには含まれていないことが多いタンバク質を使用した食事で、家庭でも手作りすることが出来ますし、市販でも低刺激性療法食は販売されています。これを8週間から12週間以上猫に食べさせます。

もしも、あなたの猫に食物アレルギーがあった場合には新しく摂取した食事の成分に対してのアレルギー反応が起きなかった場合は除去食を食べさせる期間が終わった頃には症状が大分収まっています。そうなったら、何がアレルギーの原因なのかを特定することになります。

除去食に1種類のタンパク質を1週間か2週間に1回加えて、もし症状が再発したり悪化した場合はそのタンパク質を食事から取り除き、かかりつけの獣医師さんに相談して正しい処置を行います。

治療はとにかく食事を観察して再発を避けるようにすることとしかいえないのですが、場合によっては獣医師さんから抗ヒスタミン剤とコルチコステロイド剤を処方される場合もあります。

猫のアレルギーの症状

人間と同様に猫にもアレルギーがあります。仕組みも大体人間と似たようなもので、猫の皮膚の病気全体の約30%がアレルギーによるものです。猫のアレルギーは大きく分けて、3つあります。

1つは「ノミアレルギー性皮膚炎」です。猫のアレルギーでは1番多い種類です。次に「アトピー性皮膚炎」です。ダニやハウスダストに反応して発症します。最後は「食物アレルギー性皮膚炎」アレルギーの引き金を引いてしまうような食事を繰り返し与えたことが原因となって発症してしまいます。どのアレルギーでも必ずと言っていい程「かゆみ」の症状が出ます。

猫は普段でも自分の身体を舐めたり掻いたりしていますが、アレルギーを発症した猫はいつもと違った掻き方をしている場合があります。かゆみの感受性が強い猫だと一晩で皮膚を掻き壊してしまい、出血しても掻き続けることもあります。他にも、全身や一部の皮膚に「赤いポツポツ」が発生して、そこが盛り上がってかさぶたのようなものが見られることがある他、「脱毛」もアレルギーのサインの場合があります。

特に厄介なのが食物アレルギーで、皮膚の症状だけではなく、嘔吐・下痢を起こすこともあります。もしも、自分の愛猫を見ていて上述のような症状が見られている場合にはすぐに病院で検査を受けに行くべきです。食物アレルギーの場合は食べているものが原因となっているので、食べさせている食事も一刻も早く考慮した食事を摂らせるようにしないと大変なことになってしまいます。