猫のアレルギーの症状

人間と同様に猫にもアレルギーがあります。仕組みも大体人間と似たようなもので、猫の皮膚の病気全体の約30%がアレルギーによるものです。猫のアレルギーは大きく分けて、3つあります。

1つは「ノミアレルギー性皮膚炎」です。猫のアレルギーでは1番多い種類です。次に「アトピー性皮膚炎」です。ダニやハウスダストに反応して発症します。最後は「食物アレルギー性皮膚炎」アレルギーの引き金を引いてしまうような食事を繰り返し与えたことが原因となって発症してしまいます。どのアレルギーでも必ずと言っていい程「かゆみ」の症状が出ます。

猫は普段でも自分の身体を舐めたり掻いたりしていますが、アレルギーを発症した猫はいつもと違った掻き方をしている場合があります。かゆみの感受性が強い猫だと一晩で皮膚を掻き壊してしまい、出血しても掻き続けることもあります。他にも、全身や一部の皮膚に「赤いポツポツ」が発生して、そこが盛り上がってかさぶたのようなものが見られることがある他、「脱毛」もアレルギーのサインの場合があります。

特に厄介なのが食物アレルギーで、皮膚の症状だけではなく、嘔吐・下痢を起こすこともあります。もしも、自分の愛猫を見ていて上述のような症状が見られている場合にはすぐに病院で検査を受けに行くべきです。食物アレルギーの場合は食べているものが原因となっているので、食べさせている食事も一刻も早く考慮した食事を摂らせるようにしないと大変なことになってしまいます。